一瞬の判断を要求されるFX取り引き

FX取引を始めてすでに7年が経過します、それまでは株式取引をメインにしていましtが、最近ではそのほとんどをFX取引に費やしています。

 

FXの魅力はなんと言ってもそのスピード感。動かないときは動きませんが、アメリカの雇用統計発表などをまたぐとダイナミックに相場が変動します。

 

ただし油断は禁物。ダイナミックに動くと言うことは、判断を誤ると大きな損失を出すことになります。しかし、その逆に相場観がさえていれば一瞬にして大きな利益を生みだすのです。

 

このことは投資をする以上はわかりきったことですが、細心の注意をはらって投資に臨むべきでしょう。でも、おおよその知識をつけていれば為替というのは意外に先が読めるものです。ただし、必ず余力を持っての投資にしてください。

 

また、FX投資を始めてから、金融に対する知識が大きくついたことが意外な副産物でした。株式投資は基本的にその銘柄を研究しますが、FXは世界的な動きを読まなくてはなりませんから。

 

戦争、欧州リスク、アメリカの雇用統計、中国のGDPなど実に多様な指標が絡んできます。以前であればあまり関心を持たなかったような数字も気になってくるのです。

 

もし経済に強くなりたいのだったらFX投資をするべきです。少額からできますので、まずは最小単位でスタートしてはいかがでしょうか。

FXは自己ルールが大事記事一覧

FXを始めた頃は大抵の人が陥る病気があります。ポジポジ病です。とにかく常にポジションを持っていなければ落ち着かない。私もこの病に3年ほど侵されていました。FXはビギナーズラックはあっても勝ち続けることは難しい。何でもそうですが利益を上げ続けるためには勉強する事が不可欠です。チャートの読み方、自分に合ったテクニカル、資金管理の重要性。それらをしっかりと自分のものにして始めて勝てる投資家になると思いま...

FXを始めてから6年程たちました。その間、色々な方法で取引をしてきました。最初は、円高になった時に豪ドルを買って、円安になったら売るという方法で取引しました。ある程度利益が出たのですが、自分が思ったよりも円高が進んだ時に、含み損が増え不安になり大きな金額の損切をしたりして、中々思うように取引ができませんでした。今思えば、資金管理に問題があったと思います。レバレッジをもっと抑えて取引していれば、無駄...

最近FX関連のWebを見ていると、「ポジポジ病」という言葉を目にすることがあります。個人的にとても気に入ってしまった言葉の一つです。「ポジポジ病」とは、一種の中毒症状で、相場が動いていても、動いていなくても、ポジションを持たないと落ち着かない状態のことです。ファンダメンタルやテクニカルの指標を無視して、というよりは自分に都合良く解釈して、目立ったシグナルも出ていないのに、ポジションを取ってしまう人...

FXトレードで投資対象とする為替レートというものは、世界各国の通貨の強弱を表した数字です。そのためある国の経済情勢が悪くなれば、他国の通貨よりも価値が低いとみなされて売り込まれることになります。そして為替レートが下落することになります。こうした動きがあることから、FXでは常に各国の経済情勢に目を見張らせておく必要があります。それを怠ることで動きを読み違えてしまうと、損失に直結してしまうからです。そ...

FXトレードを行う際には、為替レートの数字が増減するのを見極め、今後の動きを予想してポジションを持つことになります。しかし実際にFXトレードを行うとわかるのですが、為替レートの数字だけではこれまでの動きが見えないため、そのままでは今後の予想もしづらいものです。そうした為替レートの動きを視覚化してくれるのが、チャートというものです。これはFX取引ツールを開いてチャートを表示させることで、確認すること...