環境の改善したFX

金融庁のレバレッジ規制以後は、FX専門会社のツールや取引環境が良くなっている。

 

今までは無かった指標なども徐々に追加されて証券会社のツールと遜色ないレベルまで改善している。

 

以前は異常な値動きによりロスカットされて問題になっていた会社でも、業務停止など厳しい措置で現在では安定した取引環境になっている。

 

ギャンブル性が強く投機目的な取引が多かったFXも規制以後は投資目的の投資家も増えてきて、充実した取引環境やツール等を駆使して安定した投資を行える環境に落ち着いている。

 

後は外部環境の世界経済の安定化を望む所ですが、その変化による投資は個人の判断です。

 

しかし、この判断に際して必要な情報を得られやすくなっているのは、各FXを取り扱う会社の努力の賜物だと考えております。

 

一昔前なら有料な情報でも現在は有料情報に匹敵する情報を無料で得る事が出来て、個人投資家としては、良い環境の中で取引出来ていると思います。

 

現在はスワップポイントの獲得狙いの安定した投資も可能です。それでもまだ高レバレッジでギャンブル目的の投機的投資も可能ですから、幅広い顧客が改善した取引環境で取引できています。

 

あとはスプレッドの縮小を望みますが、それは贅沢な希望でしょうね。