私のFX必勝法で得意なのは自動売買とスワップポイントの長期投資

FX初心者はまずルールを決める
FXで初心者の落とし穴としてよくあるのが、早めの決済が出来ない事です。

 

例えば、ある通貨を買ったものの、一時数万円の含み損が出てしまったとします。そこで決済すると、その損失が確定するので、初心者の多くは損失が確定してしまうのを恐れ、もしかしたらそろそろ上がってくるかも、という希望的観測のもとに、なかなか決済できません。

 

その結果、本当に上がってくればいいですが、そのまま値下がりを続ければ損失は大きくなっていき、結局、あの時決済しておけば良かったということになります。また逆のケースもあります。初心者はこのケースでまだ上がるかもしれない、多少下がってもスワップポイントで相殺できるはずと考え、利益を確定させません。

 

その結果、じりじりと相場が下がり、利益が少なくなってしまうことがよくあります。まだ上がるかも、これから上がるかもというのは、ただの希望に過ぎず、チャートによるテクニカル分析や、新聞やニュースの情報によるファンダメンタル分析に基づいた判断でなければ、まったく意味がありません。

 

特に、損失が出た場合は、見込みのない通貨はさっさと決済して、別の通貨を発注した方がいいです。またスワップポイントでの相殺を期待するなら、スワップポイントでの利益をきっちり計算するべきです。

 

初心者のうちは、発注の際に、相場がここまで下がったら決済するというルールを自分で決めておいて、そのルールをきっちり守るようにするのが良いと思います。

 

FXの自動売買とスワップポイント投資をしたい方はこちらのサイトをチェック!

FX自動売買に役立つサイト
おすすめFX売買システムツールの選び方やストラテジーの特徴とポートフォリオの組み方を提案しています。シストレにチャレンジしたい方必見です。

 

FXスワップで複利運用
雪だるま式に複利運用をしたい方は断然FXがおすすめ。高額スワップを貰えるFX口座の紹介とスワップポイントの計算方法などをガイドしています。

 

スワップポイントは実際の所どのくらいもらえるの?

FX取引の中・長期保有を好むトレーダーが注目するのはスワップポイントであるのはもうすでにご存知のことと思います。

 

しかし、このスワップポイントが毎日入ってくるといっても、実際にどれくらい入ってくるのか、計算方法を知っている人は意外に少ないかもしれません。
ここではスワップポイントが実際にどれくらいもらえるのか調べてみます。

 

まず年間のスワップポイントは次のように計算されます(業者により異なりますのであくまで一例です)

 

・為替レート×保有通貨数×金利差
これを365日で割ることで1日のスワップポイントが出ます。この1日のスワップポイントが業者のスワップポイント一覧表に出てくる数値になるのです。また、多くの業者の一覧表では1万通貨に対する値を掲載しています。

 

この計算式の要点は為替レートと金利差です。このふたつは変動するので、スワップポイントも常に変化しますし、通貨ペアによっては多少の上下でスワップポイントが大きく変わることもあります。

 

では具体的に計算にしてみましょう。昨今注目されるニュージランド・ドルと日本円を例に取ってみます。
まず、ニュージーランドの金利を2.5%、日本の金利を0.1%とします。為替レートは68円/NZドルです。
1万通貨を保有した場合の1年間のスワップポイントは、

 

68円×1万通貨×{(2.5-0.1)/100}=16,320円

 

1日のスワップポイントは44.7円です。これが10万通貨であれば447円、100万通貨だと4,470円にもなります。
さて、レートなどが変動した場合を見てみましょう。為替レートが78円になった場合は51.3円、逆に58円になった場合は約38.1円になってしまいます。だいぶ変わりますね。

 

為替レートはそのままとして金利が1%上がった場合は約63.3円にもなります。逆に1%下がった場合は26円と半分近くまで下がってしまいます。

 

ご存知のように、通常スワップポイントを狙った取り引きは中・長期の保有になるわけですが、この間に為替レートは常に動いていますし、時事の様々な理由や事象で政策金利も変動することがあります。ですので、スワップポイントに期待して長期保有をしようという場合はこうした変動を念頭に置いて、またしっかりと情報を掴みながら慎重にリスク管理をしていく必要があります。